2017年9月19日

今週末 23(土)24(日)、タカラショールームにてお待ちしております。

 

こんにちは。

台風が過ぎ去り、少し気温が上がっています。

さて今週末ですが、毎年恒例の秋のタカラフェアを開催いたします。

新商品のご案内はもちろん、リフォーム・メンテナンスのご相談、

新築、土地探しのご相談等承っております。

当日はショールームにて弊社スタッフも常駐しております。お気軽にご相談ください。

詳しくは お知らせ にてご確認ください。

 

さて新築の現場ですが、基礎工事も終わりましていよいよ今週建前になります。

基礎の工事の続きを、

IMG_1746s

↑基礎の配筋が組めまして、日本住宅保証検査機構JIOの配筋検査をして頂きました。

DSCN7966s

↑写真でもわかるように鉄筋の数がめちゃ多いです。

200mmピッチの縦横配筋を通常シングルのところ二重に組んでいます。

通常の木造の基礎の2倍近く使用しています。

DSCN7973s

なぜここまで頑丈にする必要があるのか、

理由は基礎の上にさらに130mm厚の床暖用蓄熱コンクリートを被せるからです。

1階全室に130mmのコンクリートを打設するので重量が結構かかります。そのため通常の基礎より強くしているのです。それにしても頑丈です。

DSCN7978s

↑この基礎は縁の下の空間が浴室しかありません。

その他は全て床暖房の仕様になります。

床下は全て前述の床暖房用蓄熱コンクリートで被さります。

DSCN7982s

DSCN7998s

DSCN8096s

↑コンクリート打設です。

DSCN8098s

DSCN8104s

↑基礎スラブ(床面)のコンクリート打設完了です。DSCN8112s

↑次に背の低い立上りの型枠をして、DSCN8134s

↑コンクリート打設します。DSCN8257s

↑コンクリートの強度がある程度でましたら脱型します。DSCN8266s

玄関ポーチの階段もコンクリート打設します。DSCN8267s

次回は建て方、上棟です。